てらもと小児科からの
〜 お知らせ 〜

2011/10/01診療 ・ 感染情報 10月1日現在

10月に入りました。秋晴れの多いいい季節です。でも寒暖の差が激しくヤッカイな季節でもあります。運動会や遠足などの行事も多く、体調をととのえてユックリすごしましょう。

 1.風邪ーウイルス感染について
    9月に発熱と頭痛の強いウイルス感染がみられました。お母様方の中には「患者さんが急増しているらしい、ウイルスだし移っているかもしれない、大丈夫かしら?」と心配なさって来院される方も、いらっしゃいましたし、パニック気味の反応もでたようです。私たち小児科医はまず皆さんにおちついていただいて、急増ではなく、もうおちついていますから大丈夫ですよ。と安心して頂く事が今一番大切なことだと思います。
マスコミの報道でのRSウイルスの感染なども赤ちゃん達は特に気をつけていく必要はありますが、変に怖れることなく冷静に対応していきましょう。
ちょっとした表現が大きな不安や混乱を招いてしまうことがあります。特に私たちはより慎重に言葉を選んでいかなければならないと思っています。
 でも発熱に今までにない激しい頭痛を伴う場合、1歳以下の赤ちゃんで鼻汁が多く出てきた、咳も出るなどの方は早く受診してくださいね。

2.気温の変化の大きい季節です。喘息や気管支の過敏なかたは気をつけていきましょう。アレルギー症状もでています。早めの薬の服用、咳が目立ってきたら早めに受診してください。

 あまり流行している疾患はありません。昔から柿の実が赤くなるころは病気の人が減ってくるいい季節のようです。
でも、体調管理には十分きをつけて素敵な秋をおすごしください。
 

2011/09/01診療 ・ 感染情報 9月1日現在

 9月に入りました。秋です。暑い夏ももう終わりです。そう願いたいこのごろです。
夏休みも終わり、この夏の疲れが出ているお子さんが増えています。
お腹が痛い、何となく食欲がない、気持ちが悪い、頭が痛い、微熱がつづく。
これといった悪いところもなく、どうみても少しゆっくりやすんだほうがいいなあーというお子さんたちが先週から今週にかけて多くなりました。大人もこの夏の暑さにはまいりましたが、元気な子ども達も意外と疲れているようです。この週末は台風も来るようですし少しゆっくりと過ごしてください。秋は運動会、遠足、などこれから行事が続きます。無理せずゆっくりです。

さて、感染症はさほどみられません。夏休みで集団生活がなくなると色々な感染性の病気も減ってきます。
手足口病も2,3の保育園で少しでていますが、夏休み明けからまた少し増えるかもしれません。
リンゴ病、ヘルパンギーナなどの夏風邪もおちついています。
 
気管支喘息に注意。
 台風の接近や、先週の気温の低下、秋雨前線の停滞などで喘息の発作が久しぶりに出たり、コンコン咳がひどくなったりと気管支の過敏なお子さんにとっては気をつける季節になってきました。お薬はきれていませんか?咳が出始めたら早めに対応しましょう。

秋晴れのいい日も多くなってきます。でも去年までの秋とはちょっとちがうあき。
日本中の子ども達に一日でも早く全身で秋を感じて欲しいなあーと思うこのごろです。

2011/08/02診療 ・ 感染情報 8月2日現在

暑い夏から蒸し蒸しの梅雨に逆戻りのこのごろですが体調をくずしていませんか。
学校、幼稚園が夏休みに入り小児科の病気も少し落ち着いてきました。
伝染性(感染性)の病気はすこしおちついて、
1.リンゴ病(伝染性紅斑)はまだみられますがへっています。
  真っ赤なホッペ、腕、大腿部のレ-ス様発疹があれば疑い濃厚です。
  パポバウイルス感染ですが真っ赤なホッペがでたらもう感染のおしまいのサインです。
  学校も幼稚園も保育園も行っていいのです。
2.手足口病
  
増えてきていますがいろいろな形があります。肘、ひざ、おしり辺りを中心にやや大きな
  発疹と口腔の症状に乏しいタイプや発疹はパラパラだけど口の中が痛くて食べられないと
  いうタイプなど・・。
  熱もなく、食べられて、げんきならば登校と登園は可能です。

3.その他の夏風邪
  ヘルパンギーナも今そう多くありません。
  発熱に、下痢、嘔吐をともなう風邪が少し増えていますが症状は軽く長引いていません。

夏休みでおじいちゃん、おばあちゃんの家にかえっているお子さんも多く、今は赤ちゃん達の予防接種が大勢です。
まだまだ暑い日がもどってくるかもしれません。体調をととのえておきましょう。
決して無理はしないように。まだまだ熱中症にも注意を。
  

2011/07/12子宮頸がんワクチンについて。7月20日から中学生にも開始されます。

現在高校2年生を対象にした子宮頸がんワクチンが高校1年生も対象となりました。中学生の方も7月20日から接種開始となります。接種ご希望のかたは受付にご連絡ください。

2011/07/05診療 ・ 感染情報 7月5日現在

7月、文月。梅雨明けはまだですが暑い、あつい。
体温調整の未熟なこどもたちは体温が急にあがったり、熱中症になったり、過ごしにくい毎日です。夏の風邪も流行しだしました。この季節、今まで以上に無理せず、ゆっくり、過ごしましょう。
 1.熱中症:少し暑い、湿度の高い部屋での運動でも熱中症になります。
   プールに入っているからと思って安心してはいけません。プールサイドは危険です。
   一日にサッカーを4試合なんて・・・・ドクターストップです。
   少しずつ水分をマメにとるように子ども達に日頃から教えておきましょう。

 2.夏風邪:ヘルパンギーナ、アデノウイルス感染症(咽頭結膜熱、プール熱)など
   ずいぶん増えています。
   急な高熱、のどの痛み、目も赤いなどがあったら受診してください。
   ウイルス感染なので体力との戦いです。ゆっくり休んで、回復をまちましょう。

 3.水痘:一部の幼稚園ではまだ流行中です。

 4.流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
   水痘ほど多くはありませんがまだ少しでています。

 5.リンゴ病(伝染性紅班)
   少なくなってはいますがまだでています。

夏バテという言葉がありますが、こんなに気温があがってくると少し無理して体調をこわすと
バテてしまいそうです。栄養を十分取って、良く寝て、暑さに負けないように。
無理はいけません。少しゆっくりめがいいなあ。のんびりいきましょう。

2011/06/21日本脳炎ワクチン対象年齢が拡大されました。(6月20日)

日本脳炎ワクチンの接種対象年齢が3才~16才(平成7年6月1日以後に生まれた方)に
拡大されました。
Ⅰ期の不足分も、Ⅱ期(9才以上16才)も接種可能です。母子手帳をご覧になって空欄のある方は接種をおすすめします。良くわからないという方は、当院スタッフまたは院長にお尋ねください。

2011/06/10診療 ・ 感染情報 6月11日現在

暑いけどうっとうしい日が続いています。先日の感染情報のあと、一時落ち着いたかに見えた伝染性紅斑(リンゴ病)がまた目立ってきました。
ヒトパルボウイルスB19の感染です。お子さんの顔・ホッペが赤くなっておかしいなと思ったらこの感染症を疑ってください。この発疹に気づいて、腕と下肢をよくみるとレース状網目状の発赤にきずくはずです。発疹が出たときにはウイルスの排泄はありませんから全身状態がよければ保育園、幼稚園、学校に行ってもかまいません。
 
水痘、流行性耳下腺炎もすこしみられます。
軽い胃腸炎も。

インフルエンザはこの2週間でていません。

子ども達もまだ高温多湿のこの気候になれずに熱を出しやすいこのごろです。疲れを残さず
ぐっすりと早めに寝て体力を温存しましょう。暑さの夏はもうすぐです。

ページ上部へ