てらもと小児科からの
〜 お知らせ 〜

2021/01/03年始のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

 

今年は皆様にとって、いい年になりますように心からお祈りいたします。

1月4日より通常の診療を開始いたします。今年もよろしくお願いいたします。

                 てらもと小児科 医院長。スタッフ一同

 

2020/12/28年末年始休診のお知らせ。年末のご挨拶

12月28日(月)~1月3日(日)まで誠に申し訳ございませんが休診とさせていただきます。

 

2020年は歴史に残る大変な1年となりました。様々なことをそれぞれ深く考える1年でした。

これからの時間をどう生きていくか大きな宿題をもらってまた新しい年を前向きに生きていきたいと思います。この1年、いたらないことばかりだったかと思いますが、暖かく見守っていただきスタッフ一同皆様には感謝いたします。

どうか、来年はいい年でありますように。皆様のご健康を心からお祈りいたします。

院長  寺本チエ

2020/11/27インフルエンザワクチン接種再開のお知らせ::11月27日~

大変ご迷惑をおかけいたしましたが、本日ワクチンの入荷があり、21日(土)から一時休止しておりましたインフルエンザワクチン接種を再開いたしました。27日から予約通り接種いたします。

予定変更をお願いした皆様、他院で接種いただいた皆様、この間に予約が入っていた皆さまにはご心配をおかけし誠に申し訳ございませんでした。ご不明の点がございましたら受付,または院長にお尋ねください。

2020/09/16インフルエンザ予防接種の予約を開始(9月15日から)

今シーズンのインフルエンザ予防接種の予約を15日から開始いたしました。

電話または外来受診時に予約をしていただきます。定期に受診されている方はその受診時に接種可能ですので、院長とご相談ください。接種補助金の額・対象者など宇都宮市はまだ未定ですので料金などはその発表を待って決めさせていただきます。不明な点は受付、院長におたずねください。

2020/07/09この頃思うこと。 7月9日

梅雨も、新型コロナもまだおちつかないこのごろです。

学校も始まり約1か月。みんなさん疲れていますね。子どもたちはもちろん親御さんたちも。

いろいろな形で子どもたちの疲れが表れてきています。体の不調はもちろんです。腹痛、頭痛、食欲不振、

眠れない、学校にいけない、めまいがするなどなど。

今こういう症状がでているお子さん達は決して弱いお子さんではありません。小児科医からみたら正常な反応だとも思います。急に自宅待機となり、学校、友達とも切り離され、今度は突然に近い形で学校が始まり、6月の暑さの中、短縮もなくすぐフルタイムの授業、しかもマスクをし余計なことを話してはいけない、楽しかった給食も静かに食べる。子どもにとってこの日常がいかに過酷か。こどもが悲鳴を上げているよ

うに見えます。このスピード(大人のスピード)ではからだも心もおいつかないのが当然です。必死にがんばっている子どもたちを見ると涙が出ます。勉強が遅れる、大会があるからいままで休んだ分を取り返して夜の練習も再開されたなどを聞くと、子どもの人権は無視されているなーと思います。

せめて、帰宅後、土・日曜日の週末はゆっくり休ませてあげましょう。「今週も頑張ったね、ゆっくりやろうね、」といってあげてください。ゆっくり寝て疲れを取り、楽しくおいしく食べて、体調を整えることがなよりもの薬で、新型コロナ感染への大事な予防対策なのです。大人にとっても子どもにとっても。

 

2020/04/02この春の診察室から。  4月2日

春、桜も満開です。でもいつもの春とちがいます。新型コロナウイルス感染の拡大で朝から夜までこのニュースで大変です。不安が増幅され、大人はもちろん、敏感な子どもたちはより不安を強め、いろいろなサインを出しているお子さんも出始めています。大人として、小児科医として今子どもたちにできること、

まずは、私たち大人が「冷静に、おちついて。子どもたちに安心感を与えること。」子どもは自分がかかることはもちろん、周りの大人がかかることも心配です。今わかっている範囲では感染しても多くの人は軽症で済んでいるのだということ。特に子どもが重症になる例は今のところまれです。感染:他の人にうつさないように、うつらないようにきちんと手洗いをすること、毎日の生活を淡々ときちんと過ごしていくこと。が大事だと教えてあげてください。前向きに、これを機会に毎日の暮らし、家族との時間、食事を一緒に作る、いっしょに食べるという、多くの人が忘れていた普通だけど、一番大事な時間の過ごし方をもう一度やり直すいい機会ととらえてはいかがでしょうか。朝から暗いニュースを子どもと一緒に見るのはやめましょう。不要・不急の外出を控えることは大事なことですが、暖かな春の陽をあびて近所の散歩ぐらいしましょう。こんなところにこんな花が、とか今まで気づかなかったいろいろなものが見えてくるかもしれません。一人一人につきつけられた貴重な春です。

 

2020/02/04診療・感染症情報  2月4日

節分も過ぎ、立春をむかえました。暖かな冬ももう終わりかな?いやいやまだ油断はできませんね。

寒暖の差が激しいので体調の管理をしっかりなさってください。

1.インフルエンザ

   一部の幼稚園、学校をのぞいて大きな流行はみられません。B型の幼稚園もありますがほとんどはA型

   です。全体的には今年は落ち着いたシーズンです。

   まだまだ油断はできませんが、体調を整えて過ごしましょう。

2.その他の感染症

   ウイルス性胃腸炎:おちついてきましたがまだ少しいらっしゃいます。皆さん軽くすんでいます。

   アデノウイルス感染症:こんな時期に?ですがパラパラと出始めています。

              高熱が出るのでインフルエンザとまぎらわしく、検査されるお子さんには

             「ごめんなさい」です。

   ヒトメタニュウモウイルス感染症:例年ならば3月~4月に流行が出始めますが、暖冬のためか一部の

                   保育園で出始めています。

   RSウイルス感染症:昨年夏からだらだら続いていた感染がまたでています。赤ちゃんの感染は重症化

            しやすく要注意です。

3、花粉症

   暖冬の影響かもうすでに症状が出始めている方もいらっしゃいます。

   鼻水、目がかゆいなど、もう抗アレルギー剤の内服をはじめましょう。

ページ上部へ