てらもと小児科からの
〜 お知らせ 〜

2012/09/24診療・感染情報 9月24日

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものですね。本当にこの夏のどうなったのかと思う暑さも急におとろえてきました。急激な気温の低下で風邪の症状がでたり、喘息の発作がでたりと子どもたちもたいへんです。この一か月は気温の変化の大きい季節です。運動会や遠足もあり、体調管理には十分気を付けていきましょう。

 

 1.夏なのに今年はRSウイルス感染が多くなっています。

    例年と違って今年は8月、9月とRSウイルスが多くなっています。生後数か月の赤ちゃんが感染すると気管支炎など重症になり

   やすく、気を付けないといけません。2,3歳以上の健康なお子さんの多くは風邪症状ですむことがほとんどです。

   赤ちゃんは気を付けましょう。

 

 2.気管支喘息、喘息様気管支炎が増えてきています。

    気温の変動、ウイルス感染などがより症状を悪化させます。指示通りにお薬を飲んだり吸入したりしていきましょう。

 

 3.手足口病がまだでています。

    一部の保育園では手足口病がでています。ここ数年前から多いタイプーー熱は1日ぐらいさほど高くなく、口の症状よりも

   発疹が大きく膝、肘の周辺、臀部を中心にでます。派手に多く出るお子さんもいます。手と足と口の症状の古典的な手足口病

   は今年は少なく、派手な発疹のタイプに変わってしまいました。どうしてだろう?

 

  今年の暑さで疲れが出ているな,そのせいかなと思う熱のお子さんもいます。涼しくなって体調を壊さないように気を付けてお過

 ごしください。

2012/09/04診療・感染情報 9月4日

暑かった、熱かった夏も終わり、あっという間にセミから虫の声にかわりました。

この気候の変化にみなさんお体の調子はいかがでしょうか。

夏の疲れからの熱、腹痛などの症状がでているお子さんもいますがこれといった感染症はあまりでていません。

幼稚園、学校が始まってこれからいろいろな感染症が出てくるかもしれません。

体調を整えて、秋の空気になじむまでゆっくりと過ごしてください。

2012/06/29診療・感染情報  6月29日

6月も、もう終わろうとしています。梅雨の合間に数日ホット晴れた日が続き洗濯物も片付いて、気分も明るく7月を迎えられそうです。

この6月はジメジメだけでなく、気温の差もあり、またまた台風までやってきて、喘息やアレルギーを持っている方たちにはいやな気候で、久しぶりの発作で大変だったお子さんもいました。夏の感染症も出始めています。体調を整えて暑い夏に備えましょう。

 

1.水痘・おたふくかぜが増えてきています。

   予防接種以外に感染を防ぐことはできません。中には合併症で大変な思いをされている方もいらっしゃいます。

   予防接種をおすすめします。

 

2.胃腸炎もまだいらっしゃいます。

   比較的軽い胃腸炎がまだでています。今週あたりから減ってきたように感じますが。

 

3.アデノウイルス感染症もふえています。

   プール熱、咽頭結膜熱、とも言われていますがアデノウイルス感染によるものです。高い熱が4~5日続くこともあります。

   結膜炎を起こすことも多く目ヤニがでたり間が真っ赤になることもあります。ウイルス感染ですから抗生剤も効きません。

   安静に、水分補給を十分にしてゆっくり休ませてください。

 

 4.喘息、咳のひどい方もいます。

   梅雨の気候、気温の変動など嫌な気候が発作を誘発しています。定期の薬をしっかり飲んで咳が目立ってきたら早めに受診

   してください。

 

5.夏のウイルス感染:ヘルパンギーナ、手足口病、リンゴ病(伝染性紅班)も増えてきています。

   保育園、幼稚園などの集団では必ずなつにみられるウイルス感染症です、手洗い、うがいをしっかり。

 

梅雨明けからは本格的なプールも始まってまたいろいろな感染症が増えてきそうです。

今のうちに体調を整えておきましょう。この時期、まだ体が暑さに慣れていないので急に暑くなった日に戸外で無理をすると熱中症

になりやすいのです。子どもは特に気を付けてみてあげてください。一番身近にいてお子さんを見ている方の目が一番たしかです。

 

2012/04/24診療 ・ 感染情報 4月24日現在

桜も散り、新緑の季節に入りました。入園、入学おめでとうございます。新しく保育園、幼稚園、小学校、中学校に入学された皆さんもだいぶ学校になれてきたころでしょうか。このごろの小児科の診察室には、新しい環境にまだ慣れなくて疲れからきた症状かな?と感じるお子さんが増えています。お子さんにとってはママからはなれて大勢の他人のなかでの生活は緊張と不安の連続です。大人が考えている以上に疲れているいるはずです。おうちに帰ったらゆっくり、休ませてあげてください。家に帰るとホットする、そんな家、家族。毎日、毎日の平凡のことがどんな時大切なことかこの1年、この春にまた改めて感じるこのごろです。

さて、診察室では
1.感染性胃腸炎が多くなっています。
   ロタウイルス感染の下痢嘔吐も増えています。この感染症は他のウイルスに比べ症状が急激におきたり脱水になりやすく、生後6ヵ月から2歳までが重症化しやすいので注意しましょう。
 対処法:ウイルスが手についてく口から入る感染ルートをたちきることです。
  ①.手洗い。オムツを変えた手、おしりを拭いてあげた後の手にはウイルスがいっぱいです。しっかり手洗いを。
  ②.嘔吐の近くから子どもは遠ざけて吐物や便の片付けは1人のまかせて感染を広めないように。
  ③.水分補給を十分に。嘔吐が終って1時間から1時間半ぐらいたって落ち着いてから少しづつ、すこしづつ、(スプーン数さじから)15~20分おきぐらいにゆっくりとあげてください。
お味噌汁や、うどんのスープなどは塩分、ミネラルがはいっているので、水分が取れるようになったらすこしあげてください。おこさんもおいしくて喜びます。
  ④。 水分が取れるようになってー100ml位のんでもはかなくなってお腹がすいたといいだしたころからおかゆからだんだんと元の食事にもどしていってください。洋風より和風のほうがずっと安心です。おかゆが嫌いなお子さんはやわらかめに炊いたご飯やうどんでもおOKです。
 こんな胃腸炎を防いだり、症状を軽くする方法はワクチンです。生後6~24週までの間に2回経口接種します。効果は大きくお勧めのワクチンです。ただ、一回14000円×2回分 高価なワクチンです。大田原や小山、野木は助成していますが残念ながら宇都宮市は助成していません。小児科医も何とか助成してもらうようにがんばリます。

2.その他
  溶連菌感染症、も増えてきています。
  水痘も一部の幼稚園で出ています。
  B型のインフルエンザもまだたまにいらっしゃいます。
  アデノウイルス感染症もでてきました。
 
暖かく、春、新緑のいい季節です。体調をくずしたお子さんもゆっくり休んで、元気になってください。もうすぐこどもの日です。

2012/03/24診療・感染情報  3月24日

お彼岸も過ぎ、春だなあーと感じることが日に日に多くなってきました。卒園、卒業の皆さんおめでとうございます。未来にむかって大きく、生きていって欲しいと思っています。
 さて、小児科の外来もだいぶ落ち着いてきました。
1.インフルエンザ   
   
だいぶおちついてきています。B型がほとんどですがたまにまだA型もいます。
  春休みに入って園や学校での感染が落ちつき流行もそろそろ終わりに近いころでしょう
  か。でも油断せず手洗い、うがい、季節の変わり目、体調をこわさないように気をつけて
  お過ごしください。

2.気管支喘息
 
  寒い冬からポカポカの春と一日一日と気温の差が激しいこのごろです。
  喘息発作、咳発作などの気管支の過敏さからくる症状の方がふえています。
  きちんとお薬を飲んでおきましょう。この時期の激しい咳は要注意です。

3.胃腸炎
   ノロウイルスやロタウイルスの感染を疑わせるほどの激しい下痢・嘔吐ではない、
  軽い胃腸炎が少し増えてきています。
  このウイルスも、まずは手洗い、うがい、です。

ドンドン暖かくなって春らしい日が増えてくると感染症も減ってきます。
新学期、入学式のころ桜もちょうど満開になりそうですね。
いいなあ、いいころだなあ。おめでとう。こころからおめでとう。

2012/03/07診療 ・ 感染情報 3月7日現在

ようやくあたたかな春らしい日がやってきました。たった数日でまた寒さが戻る予報ですがそれでも春を実感できたこの数日はウキウキ。厚いコートやブーツを脱ぎたい気分です。
さてさて、こんな陽気がつづいてくれればインフルエンザももうそろそろ終わりかなーと思うのですが・・・。
1.インフルエンザ:一時期の勢いはありませんがまだB型を中心に流行中です。もうすでに落ち着いた地域もあれば今週に入って流行が始まったところもあります。B型は軽症からなかなか熱がひかない重いタイプまでいろいろです。インフルエンザのお薬にも効きが悪く熱が上がったり下がったりの方や、38度をあまり超えない軽い方、嘔吐などの症状が強い方もいます。診断がついても熱の経過、全身の状態を十分気をつけてみてあげてください。何か変だと思ったら、受診してください。

2.胃腸炎:インフルエンザの影で目立ちませんが嘔吐、下痢の方もいます。ノロウイルスの集団感染の報告もあり、気をつけましょう。体調を整えて、うがい、手洗いです。

3.流行性耳下腺炎(おたふく):一部の保育園、幼稚園で流行中です。

卒業、卒園をひかえて体調管理の難しい季節です。
ゆっくり休養をとってお過ごしください。

2012/02/24診療 ・ 感染情報 2月24日現在

すこしづつ春が近づいてもうすぐそこです。
1.インフルエンザがいっぱい
     A,B型が混在しています。兄弟で同時ににA,Bだったり、A、B両方にかかっているかたも出ています。総じて軽い方が多い今年のインフルエンザです。調べなければ普通の軽い風邪で終っていただろうなと思われるお子さんも大勢います。流行の渦の中に入ったらどうすることも出来ませんが、しっかり体調を整えて、余裕を持ってすごしましょう。
でももうそろそろ落ち着いてくるころでしょうかね。

2.感染性胃腸炎
 
 インフルエンザの影に隠れながらまだ少しですが患者さんは出ています。手洗い、うがい
 気をつけていきましょう。

ページ上部へ