チエ先生の日記

2009/04/25土曜日の午後に

つめたい雨にやわらかな木々の芽もかくれてしまいそう。
 春から夏へ、そしてまた冬に逆戻り。ころころ変わるこの気候の変化にこども達の身体もついていくのが大変です。
新学期がはじまって2週間。こどもたちは新しい環境に身体も心も必死に慣れ様としている時です。
こどもだけでなく初めて新入生を持ったお母さんにとってもおなじです。この時期小児科の診察室に一生懸命がんばってる1年生がやって来ると「すこしゆっくり、ゆっくりでいいんだよ。」 と声をかけてあげたくなります。
わたしたち大人がもっとこころのゆとりを持って、子供だったころの気持ちを忘れないで生きたいと思うのです
無垢でやわらかな芽がまっすぐに伸びていけるしなやかな支えのように。

ページ上部へ