チエ先生の日記

2009/05/22「おおきくなったねー」

5月も後半に入り、学校に子どもたちもなれてきたころです。
ことしから近くの小学校の校医になり、先日初めての健診がありました。
 わたしも少し緊張して健診が始まりました。
「あれ○○くんおおきくなったねー。」「あら△△ちゃん、もう5年生になったんだねー。」
4ヶ月健診で先生におしっこをかけた子。おかあさんのひざの上で泣きながら大きな口をあけてくれた子、予防注射が嫌でなかなか診察室に入れなかった子。
集団の中でだいじょうぶかなーと心配していた子。・・・
何年ぶりかで会った子どもたちもいます。こーんなにおおきく、立派になって、先生はとてもうれしくて耳が痛くなるのも苦になりませんでした。
子どもってすごいなあー。
毎日いっしょにいる自分の子どもの成長にはあまり気づかない事が多い様に思います。
すこし離れて、すこし遠くからこどもをみる余裕ができた時、こどもはもう巣立っていくころなのかもしれません。
なんだか、大きく、立派に成長した子ども達からいっぱいエネルギーをもらった気がします。
ありがとう。

ページ上部へ