てらもと小児科からの
〜 お知らせ 〜

2009/10/19診療 ・ 感染情報 10月19日現在

1、インフルエンザの流行期にはいりました。
当院近隣の学校でも患者さんが増え始めています。現在流行中のA型はほとんど新型Aといわれています。
マスコミでは重症例、死亡例があつかわれ、非常に怖いイメージですが実際には軽症の方が大勢いらっしゃいます。くすりもよく効きますし、おちついて対応していきましょう。ただ、気管支喘息と診断されている方、罹った経験のあるかたは重い肺炎など重症化しやすいのも今までの季節性との違いのひとつです。
また高年齢のお子さんが脳症になったり、心筋炎の報告もあったりと今までの季節性とはちがう特徴もあります。怖がりすぎる必要はありませんが充分な注意は必要です。以下の対策をしっかりやりましょう。
日常の注意点 :うがい、手洗い、休養と栄養、
           咳エチケット
地域での流行期:人ごみをさける。
           体調不良や回復期には人ごみには行かない。運動会もダメ。
発熱が見られたら:
元気があればすぐに受診しなくても少し様子を見ていただいても大丈夫です。発熱直後にはインフルエンザを検査しても反応が出ないことが多く、もう一度検査が必要になることも度々です。ただしグッタリしている。呼びかけに反応しない。うわごとや変な事をいいだす。呼吸が浅く速く苦しそう。水分が取れない。顔色が青い。痙攣をおこした。などいつもの発熱の状態と違ったときはすぐに受診してください。受診の際は受付に発熱があり状態がおかしいと必ずいってください。
2、水痘のお子さんが少し出始めています

2009/10/02診療 ・ 感染情報 10月2日現在

 つめたい秋雨前線が停滞中です。寒くなってきてみなさん体調をくずさないようにご注意ください。
1、インフルエンザの予防接種について
 季節性インフルエンザの予防接種につきましては大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
供給量を確認しながら予約を追加いたしたます。15日に再開いたします。
 新型インフルエンザの予防接種につきましては、近いうちにより具体的な発表が厚労省から出ると思われます。もう少しお待ちください。
2.インフルエンザ感染情報:当院近隣でのインフルエンザは落ち着いています。市内西部、南部の一部小中学校では学級閉鎖がでているようですが早めの閉鎖の効果か感染が大きく拡がってはいないようです。
特に、乳幼児の方への感染拡大はいまのところ見られていません。新型の特徴の一つとも言われていますが。
いずれにしても落ち着いて、手洗い、うがい、体調をしっかり整えておきましょう。
3、この気候から喘息の発作を起こしてくる方が増えています。お薬を飲んでいなかったり、吸入をしていなかったりはこの季節は危険です。特に新型インフルエンザ感染ではより呼吸状態の悪化が心配されます。
いい状態を保つためにしっかり指示どおりお薬を続けてください。
4、おたふくかぜは少し減ってきました。
週に数名の患者さんがいらっしゃいましたが今週は減ってきています。
5.Hibワクチンについて
供給の問題から全国的に不足状態が続いています。
大変お待ちいただくことになっています。それでもという方のご予約はお受けしています。くわしくは院長におたずねください。

2009/09/16季節性インフルエンザ予防接種予約一時中止のおしらせ

誠に申し訳ございませんが
9月14日から開始いたしました季節性インフルエンザワクチン接種の予約を一時中止といたします。
今年度のワクチン生産量の減少によりどの程度の量が我々のところに入るか判らないため一時中止といたします。10月の入荷が始まった時点で再び予約を再開できる可能性はありますので御理解の程よろしくお願いいたします。
なお、新型インフルエンザワクチンにつきましては具体的な政府の方針がまだ示されておりませんのでしばらくお待ちください。

2009/09/04季節性インフルエンザ予防接種予約のおしらせ

新型インフルエンザが騒がれていますが、まずは従来の季節性インフルエンザの予防接種を受けておきましょう。例年より早く開始いたします。
予約開始  :  9月14日(月) 受付、電話で。
接種開始予定 :10月9日(金)から。
今年は季節性インフルエンザのワクチンも生産量が少なく、今までの数の確保が難しいようです。
予約・接種にあたって、ご迷惑をおかけすることがあるかもしれません。
できるだけ皆さんのご要望にお答えいたしたいと思いますが、至らない点がありましたらお許しください。
また、新型インフルエンザワクチンの接種に関しては、まだ政府の決定がなされておりませんので、決定が出てからの対応になります。
ご了承ください。

2009/09/04診療 ・ 感染情報 9月4日現在

9月に入り、めっきり秋らしくなってきました。
学校が始まって10日あまりたちますが小児科の外来はおちついています。
1、朝晩の気温の差もおおきくなり、喘息の方は気をつけていただくシーズンです。
定期のお薬や吸入はきちんとつづけましょう。
少しでも咳が目立ったり、ひどく咳き込んで眼れないなどの症状が出た時には早めに受診してください。
2、インフルエンザの流行について。
 宇都宮市の北部では流行というほどの患者さんの数はまだでていません。
 一部の学校では少数の患者さんが出ているようですが大きな流行にはなっていないようです。 
タミフルなどのお薬がよくきいています。
あまり過剰に怖がらずに冷静に対応しましょう。
 何度もどこでもいわれているように、疲れを残さないように充分な睡眠と栄養とうがいと手洗い です。

2009/08/24診療 感染情報 8月24日現在

夏休みも残りわずかとなってきました。
みなさんお元気ですか?
今年の夏は夏だったのかどうかわからないまま終ってしまったようですね。体調はいかがでしょう。
1.インフルエンザの流行がはじまったといわれますが
 このあたりではまだまだ、です。
学校、幼稚園、が始まってからは心配ですが、基本的にはタミフルも効きますから必要以上に怖れず、おちついて対応しましょう。まずは夏の疲れを残さずゆっくり休んで、しっかり食事をとり、手を洗って、うがいをして、
・・・何度もなんどもうんざりするほどいわれてきたことですがとっても大事なことなのです。もう一度あらためてしっかりと手洗い、うがいです。
2、学校、幼稚園がお休みの間、感染症はとっても少なくなります。手足口病も減っています。
おたふくかぜは少しでていますから、休みあけには流行になる可能性があります。
3、ウイルス性と思われる胃腸炎もすこしみられます。
これも手洗い、うがい。
この後、学校がはじまってから子どもたちの病気も大きく変わってくるでしょう。
またご報告いたします。
それでは宿題まだのお友達はがんばってね。

2009/08/08休診のお知らせ

8月12日(水)から16日(日)までの5日間、休診とさせていただきます。
誠に申し訳ございませんがこの間は竹林の宇都宮市夜間救急診療所の受診をおねがいいたします。

ページ上部へ