2019/01/10診療・感染情報 1月10日情報

新しい年を迎えました。

学校、保育園、幼稚園も始まり日常の生活が戻ってきました。体調を整えこれからの寒い季節を乗り切りましょう。

1.インフルエンザ感染症

    年明けから患者さんが増えてきています。まだ集団(学校、園など)からの感染は少なく、ほとん

   どは家庭内感染、A型のお子さんがほとんどです。これから本格的な感染が拡がってきます。

   手洗い、うがい、体調を整えて。まだワクチンを打っていない方は急いで接種しましょう。

 

2.感染性胃腸炎

    今週はインフルエンザよりも胃腸炎のお子さんがずっと多い毎日です。突然の嘔吐、下痢が出始め

   ぐったり。脱水を心配してすぐ水分をあげるとまた嘔吐を繰り返します。最後の嘔吐から1~2時間は

   胃腸を休ませ、それからイオン水、湯冷まし、お茶などをほんの少しから開始していきましょう。

   乳製品やオレンジジュースなどは嘔吐しやすいのでやめましょう。

   学校、園への登校は給食が食べられるまで食欲がもどって、便も良くなってからにしましょう。

   急ぐとまたぶり返すことがよくあります。慎重に。

 

3.水痘

   年末に流行がみられた学校で、年明けにまだ患者さんが出ています。2回接種の保育園児、幼稚園

  児の方に流行は見られません。ワクチンの未接種の方、1回接種のみの方は2回の接種をお勧めします。

 

この季節に入るとマスコミもインフルエンザの流行に過剰反応気味です。こんなに騒がなくても・・・と感じるここ数年です。淡々と準備をして、対応していくことです。昨年はじめてインフルエンザに罹って大変なおもいをした私としてはできるだけ体調を整え、毎日の疲れを残さず過ごしていきたいと思います。

皆様も気を付けてお過ごしください。 

ページ上部へ