2011/11/16診療 ・ 感染情報 11月16日現在

いつの間にか紅葉もおわり?寒さがきびしくなってきました。
1.長引く咳  急激な気温の低下から喘息発作を起こしているお子さんもいます。指示され 
   たお薬はきちんと飲んで、それでも咳が続く場合は早めに受診してください。
   RSウイルス感染、マイコプラズマ感染、などで出ている咳のかたもいます。長引く咳、
   しつこい咳は早めに受診してください。
2.水痘  10月後半に一部の幼稚園、学校で水痘の流行が見られましたがこのところ少し
   落ち着いてきています。予防注射をおすすめします。
3.流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
      パラパラとでていますが流行というほどではありません。

今年はいまのところ例年よりも暖かいからでしょうか大きな感染症の流行はありません。
ノロウイルスによる胃腸炎もまだでていません。
RSウイルスが大きくマスコミで取り上げられ、とっても怖いウイルスといわれていますが、多くはふつうの風邪で終っているウイルスです。小さな赤ちゃんや、基礎疾患を持っている赤ちゃんにとってはヤッカイなウイルスですが。「RSがでたあー」と大変な騒ぎになっているところもあるようですが落ち着いて対応してほしいものです。
呼吸困難までなるお子さんはわづかです。2から3才以上のお子さんのほとんどは長引く風邪症状でおわっていきます。赤ちゃんの風邪症状には気をつけて早めに受診してください。

ページ上部へ