2011/10/01診療 ・ 感染情報 10月1日現在

10月に入りました。秋晴れの多いいい季節です。でも寒暖の差が激しくヤッカイな季節でもあります。運動会や遠足などの行事も多く、体調をととのえてユックリすごしましょう。

 1.風邪ーウイルス感染について
    9月に発熱と頭痛の強いウイルス感染がみられました。お母様方の中には「患者さんが急増しているらしい、ウイルスだし移っているかもしれない、大丈夫かしら?」と心配なさって来院される方も、いらっしゃいましたし、パニック気味の反応もでたようです。私たち小児科医はまず皆さんにおちついていただいて、急増ではなく、もうおちついていますから大丈夫ですよ。と安心して頂く事が今一番大切なことだと思います。
マスコミの報道でのRSウイルスの感染なども赤ちゃん達は特に気をつけていく必要はありますが、変に怖れることなく冷静に対応していきましょう。
ちょっとした表現が大きな不安や混乱を招いてしまうことがあります。特に私たちはより慎重に言葉を選んでいかなければならないと思っています。
 でも発熱に今までにない激しい頭痛を伴う場合、1歳以下の赤ちゃんで鼻汁が多く出てきた、咳も出るなどの方は早く受診してくださいね。

2.気温の変化の大きい季節です。喘息や気管支の過敏なかたは気をつけていきましょう。アレルギー症状もでています。早めの薬の服用、咳が目立ってきたら早めに受診してください。

 あまり流行している疾患はありません。昔から柿の実が赤くなるころは病気の人が減ってくるいい季節のようです。
でも、体調管理には十分きをつけて素敵な秋をおすごしください。
 

ページ上部へ