2009/11/09新型インフルエンザワクチン接種について 11月8日現在

新型インフルエンザワクチンについてはわたしたち小児科医も確かなことはわからない状況です。
11日まで慢性疾患の接種対象の方の数を申請することになっていますが、はたして実際にどのくらいのワクチンがはいってくるのかまだ判りません。また厚労省が小児は前倒しに早く接種をと都道府県に検討を要請したというニュースに小児科医の多くは良かったと思っています。しかし今の栃木県の対応状況ではいつから始まるのか、まったく判りません。
お約束できる情報ははいってきません。流行の最中の接種ですからあせらずワクチンには過度の期待をせず、とにかくあわてず、しっかり体調をととのえておきましょう。刻々変わる情報に惑わされることなく、私達小児科医もみなさんに確実な情報をお伝えしていきたいと思っています。多くの方は罹っても軽くすんでらっしゃるのですからあせらず、あわてずに対応していきましょう。

ページ上部へ