2017/12/04診療・感染情報 12月4日現在

12月、師走の声とともに寒さも一段と本格的になってきました。冬らしい感染症も出始めています。

1.ウイルス性胃腸炎

   吐き気、嘔吐、下痢のお子さんがこの2週間前頃から増加しています。園によってはノロウイルス集団

   感染がみられたところもありますが、全体に症状は軽く、嘔気・嘔吐も一晩で落ち着き、回復も比較

   的早いお子さんがほとんどです。手洗い、うがい。体調を整え無理せずゆっくり休んでください。

2.水痘

   小学生の間でパラパラ流行しています。ワクチン接種済みのお子さんでも抗体が低下してきているの

   でしょう。比較的しっかりと水疱が多数みられるお子さんも多くいます。乳幼児のお子さんは2回接種

   になり、保育園、幼稚園での流行は激減しています。小学生のお子さんも2回目の接種を検討する時期

   に来ていると思います。

3.アデノウイルス感染症

   こんな冬に?と先週数名の患者さんがいらっしゃいました。典型的な高熱、結膜炎、扁桃腺炎があり

   もしかしてと迅速診断で陽性でした。一部の保育園での流行のようですが要注意。

4.インフルエンザ:まだ出ていません。

   流行期に入ったと、盛んにTVなどで注意喚起をしていますが、宇都宮はまだまだおちついています。

   冷静に、落ち着いて過度の反応をせず、淡々と対応していきたいと思います。毎年のことですが、

   体調を整えて、疲れを残さず、よく食べ、よく寝て、楽しくすごしましょう。

   うがいと手洗いは忘れずに。

 

今年も残り少なくなりました。保育園、幼稚園の発表会、クリスマス会等が続く季節です。

楽しい会になるよう体調を整えていきましょう。サンタさんもそこまで来ていますよ。🎅

 

ページ上部へ